こんにちは、Yukiです。

毎日の食器洗い、少しでも早く終わらせたいですよね。

今回はわたしがいつもやっている食器洗いの時短テクについてご紹介します。

汚れを拭き取る

食べ終わった後の汁やタレ、ドレッシングがついたままのお皿。

そのままシンクに置いていませんか?

食卓から下げたらまずはこうした汚れを拭き取りましょう。

特にプラスチック容器は油汚れが取れにくいので念入りに拭き取りましょう。

実は洗う前のこの作業がとても大切です。

これをやっておけば皿どうし重ねてもそこまで問題ありません。

やり方は簡単。

・食器用のヘラやスクレイパー

・調理で使ったラップやビニール

・調理で出た野菜の皮

・食事の時手を拭くのに使ったティッシュ

・古新聞やチラシなどの紙類

…などヘラや捨ててしまうような物で皿の汚れを拭き取るだけ。

うちではサイズアウトしたり、破れたりして着なくなった子供服も適当に切って拭き取りに使っています。

こうして洗う前に汚れを拭き取っておくことで、スポンジやシンク、排水溝の汚れも防げるし、食器洗い自体がかなり楽になりますのでやっておきましょう。

<裏ワザ>

タレや油が多い料理は出来るだけ1つの大皿に盛り、各自そこから取ってご飯茶碗のご飯の上に乗っけて食べてもらいましょう。

そうする事で汚れた皿が大皿だけになり拭き取りも洗う作業も楽になります。

食器を水に浸ける

米の研ぎ汁や茹で汁を使うと落としやすくなるという人もいるけどわたしは使いません。

どちらも一度やってみましたが、成分が沈殿したり、ぬるぬるして余計に洗いにくくなった気がしたからです。

あと、うちは自分の食べた物は(食器もゴミも)自分で下膳するというスタイルにしています。

なので食べ終わった食器はシンクに下げたら各自水道から少しだけ水を出し、水に浸けておいてもらってます。

こんな感じで。

食器に水が溜まってるのが分かります。

おかず用の大皿などはわたしの担当なので下膳したらすぐに水に浸けず油汚れなどを先に拭き取っておきます

こうして水に浸けておく事で米つぶなどこびりついた汚れも水分がゆるめてくれるのでおススメです。

うちは断捨離を常にしていて最初の頃に洗い桶を処分したので、桶はありません。

でもこれで十分です。

洗い桶を使ってた時より節水もできてます。

さらに、わたしは基本的に夜は洗い物をしません。

調理中洗うとかもほぼやらないし…

やった方がいいけど子供達がうるさいので調理のみに集中!して少しでも早くご飯を出したいのです。

昼間仕事して帰ったら子供達の宿題やら準備物、お風呂とか寝かしつけとかやる事は盛りだくさん。

夜になるととっても疲れます。

旦那も帰宅が不規則なので洗い物してもまた深夜に汚れた皿が出たり…

なので朝家事で皿も調理器具も一気に洗います。

一晩水に浸しておくと翌朝洗いやすい状態になっているので楽チンです。

夕食後に食器を洗う方は、15分程水に浸しておけば米つぶなど取れやすくなりますよ。

スポンジとアクリルたわしを使い分ける

食器用のスポンジは普段目にする機会も多いので、ほとんどの方は知っていると思います。

100均や薬局などでも売られていますね。

アクリルたわしとは、アクリル毛糸で編まれたたわしのことです。

この二つのアイテムを食器の汚れごとに使い分けます。

油汚れのある食器…中性洗剤とスポンジ

油汚れがなく汚れが少ない食器…アクリルたわし

こうして使い分けることで手荒れや環境汚染も防げて一石二鳥です。

さらに節水効果もあるので一石三鳥。

アクリルたわしは水だけで、ある程度の汚れを落としてくれるのでコップやグラスなどはアクリルたわしで十分です。

ただ、酷い油汚れのある食器を洗うとアクリルにくっついてベタベタになってしまうので、汚れの酷いものには使わないようにしましょう。

洗剤を水で薄める

洗剤を5ミリほど、小さめのボールなどに出します。

そして水を一気にそこへ入れ、(できればシャワーの状態で)泡立たせます。

さらにスポンジを浸けてクシュクシュと泡立たせます。

できた泡をスポンジにつけて食器を洗っていきます。

洗う順番も大事

食器を洗うときは効率の良い洗い順があります。

汚れの少ないものから先に洗って徐々に汚れが酷いものを洗うようにしましょう。

そうすることで泡持ちを良くします

お湯で効率良くすすぐ

すすぎに最適な温度は40度前後です。これはお風呂と同じくらいの温度ですね。

これ、油が溶け出す温度なんだそう。

お湯ですすぐ事で水切れが良くなるというメリットもあります。

でも、油が溶け出すということは手の皮脂も溶け出すということなので、肌荒れしやすいは、炊事用の手袋をしてくださいね。

蛇口の真下にすすぐ食器を重ねておく

洗い終わった食器は蛇口の下に重ねて置いておきます。

重ねた食器の上ですすぎ作業をするので、蛇口とは少し間隔あけておいてくださいね。

この上で食器をすすぎます。

蛇口からの水とすすいだ水が下に重ねている食器の泡を流してくれるので、すすぎの時ほとんど泡がなくなっていてすすぎ時間の時短になります。

まとめ

食器洗いの時短方法はこれ

1.食器の汚れを拭き取る

2.食器を水に浸けておく

3.汚れ具合でスポンジとアクリルたわしを使い分け

4.洗剤は水で薄めて泡立てる

5.洗う順番は汚れが少ない→多いの順

6.すすぎは40度のお湯で

7.蛇口下にすすぐ食器を重ねておき、その上ですすぐ

今回は食器洗いの時短方法を紹介しました。

これをやる前に比べると、食器洗いが10分ほど短縮できています。

1回あたりの時間は短いですが、毎日やればこの時間の差は大きいです。

皆さんもやってみてくださいね。

もし、予算と場所が許すようであれば食洗機も時短になるのでオススメです。

おすすめの記事